menu
close

3次元スキャナーによる3次元CAD作成

  1. home
  2. 事業内容
  3. 測量/UAV
  4. 3次元スキャナーによる3次元CAD作成

現地の形をそのままスキャン!

はじめに

点と線から面と立体へ

現在、建築や土木において3次元データ化が進んできています。国土交通省によるBIM(建築分野)、CIM(建設分野)の導入など、作業工程に欠かせない状況になってきています。
当社では3次元レーザースキャナー等を利用し、3次元データ取得から3次元CAD化・モデル化まで行っています。

使用機器

地上型高性能3Dレーザースキャナー

トプコン社製 GLS-1500

トプコン社製 GLS-1500の写真

トプコン社製 GLS-2000

トプコン社製 GLS-2000の写真

測定対象物にレーザーを照射して、距離と角度情報を取得し、3次元座標(XYZ)を取得します。

1秒間に数千~数十万点のレーザーを発射するので、取得されたデータは点の集まりという意味で【点群データ】と呼ばれます。

※UAVによるデータの取得も行っております。(UAV参照

ご提案

こんなシーンで活躍できます

都市空間のモデル化

都市空間のモデル化のイメージ

建築(新築、改築等)

建築(新築、改築等)のイメージ

造成現場

造成現場のイメージ

災害復旧

災害復旧のイメージ

トンネル内空計測

トンネル内空計測のイメージ

地下構造物

地下構造物のイメージ

お問い合せ

当社は現場での高密度点群データ取得から3D図作成まで行っています。
これまでの経験から得たノウハウを活かし、作業時間が限られる現場、広範囲に測定が必要な現場、あらゆるシーンに対応していきます。
何かお気づきになった点、ご要望等ございましたらお気軽に下記担当者へ相談下さい。

担当:萩森(ハギモリ)
TEL:092-844-7088
FAX:092-844-7099
E-mail:gaia2@galaxy.ocn.ne.jp

ページの先頭へ